有効とされるたるみ治療

顔のたるみというのは、40代、50代を過ぎるととても気になる肌の症状です。

たるみが目立つ原因は、加齢とともに皮膚を支えているコラーゲンやエラスチンが減少するからです。そのため、徐々に皮膚が垂れ下がってしまうのです。

美容外科では、たるみ治療としてスピーディリフトが注目されています。


このたるみ治療は、皮膚のたるみが目立つ部位に特殊な抗菌性の糸を通す施術です。
皮膚を持ち上げる作用のあるSMAS層や真皮下層に糸を通すことで、長時間、刺激を与え続けることができます。その結果、真皮層でのコラーゲンの生成を促す効果が有ります。
そのため、たるんだ組織が持ち上がり、たるみが解消されていくのです。このたるみ治療には、数多くの利点があります。


まずは、糸を皮膚に通すだけなので、約20分という短時間で施術が終わることです。

メスで切開する施術の場合、一時間以上の時間がかかります。
なので、体への負担も少なく、気軽に受けられる治療といえます。



その他の利点は、糸を通すだけなので、腫れや痛みなどのダウンタイムもほとんどないことです。
腫れが生じたとしても、数日くらいで治まります。

なので、仕事で忙しい方には最適の施術です。



スピーディーリフトは確実にたるみを解消できますが、とても難しい施術です。なので、信頼できないクリニックを選ぶと効果が得られないことが有ります。



そのため、信頼できるクリニックをきちんとカウンセリングで見極める事が大事です。