自宅でできる顔のたるみ治療

見た目年齢をかなり左右する「顔のたるみ」。



顔のたるみにより、目の下が腫れぼったくなったり、ほうれい線ができてしまったり。

それさえなければ、10歳は若く見えると言われています。
顔のたるみ治療には様々な方法が用いられています。
例えば、「高周波・レーザー治療」。

または「糸」を皮膚の下に挿入し、垂れ下がった脂肪層を引き上げる治療法です。メスを使用しないのでリスクも少なく、手軽に行うことができます。
加えて「手術」によりたるみ治療をする方法もあります。

例えば、目の下たるみの原因は、過剰脂肪であると言われています。

その脂肪を切除することによってたるみを解消します。


しかし、長期的な効果は得られるもののメスを使用している分、顔面の神経麻痺や皮下出血、顔面内出血といったリスクが伴う場合があります。


安価で効果が得やすい別の治療法としては、ヒアルロン酸やコラーゲンなどをたるみの気になる部分に「注入」するという方法。しかし、効果は半年〜一年と短め。
たるみ治療というと、高額・リスクが伴う・効果が長続きしないなどの消極的な面があるようです。
それなら、自宅でたるみを解消もしくは軽減できる方法を探してみましょう。例えば、たるみの原因の一つに表情筋の衰えがあります。



表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚を支えられなくなり、結果として顔がたるんでしまいます。

ですから、表情筋を鍛えるために、日々顔のエクササイズをしたり、しっかりと満面の笑顔を作ること、表情豊かにおしゃべりすることなどに心がけましょう。